早漏と更年期障害はある食品で改善ができる!

更年期障害は、40代前半から始まる事もありかなり個人差があります。
早漏症と更年期障害との関係性は、男性ホルモンの減退という点で繋がっています。
ですが、早漏症の方が更年期障害に早い年齢からなるのかと言えば、原因によって異なります。
早漏症の原因として、男性ホルモンの分泌が少ない場合やPC筋の筋力低下、
日常生活又は性行為でのストレスが挙げられます。
この中で男性ホルモンの分泌減退が原因で早漏症になっている方の場合には、
早い段階で更年期障害が訪れる可能性は高くなります。
逆に、年齢を重ねる毎に男性ホルモンの分泌量が低下して更年期障害になった場合でも、早漏症になりやすくなります。
男性ホルモンとは、20代後半から少しずつ分泌量が減っていきます。
このホルモンの働きとしては、男らしい身体を作りだし、男性らしい肉食的な部分を維持していく作用があります。
更年期障害の症状の中に、性欲が減退、精力減退、勃起不全などの男性機能を著しく低下させてしまうものがあります。
ですが、早漏症も更年期障害も男性ホルモンの分泌量に左右される部分が大きいため、
分泌量を低下させずに増加させれば、症状の改善は可能です。
食品の中で、ネギ類の食品は男性ホルモンの分泌の手助けをしてくれる成分が多く含まれています。
ただし、逆に大豆食品は男性ホルモンの分泌を抑制してしまうので、分泌量を増やしたい時期には避けるべき食品です。
また、食品のみの摂取だけでなく、適度に適切な筋肉トレーニングを行い、
筋肉量や熱産生(エネルギー量)を増やす事でも男性ホルモンの分泌を増やす事が可能です。
筋肉トレーニングを行う際には、まずは体幹や下肢などの筋が大きい部分を鍛える事が大切です。